休日の寝だめは、健康に悪影響を及ぼします

休日の寝だめは、健康に悪影響を及ぼします "休日に寝だめをして疲れを取る方が多くいるかもしれません。 思いっき休日に寝だめをすると、翌日「スッキリした状態で学校や仕事に向かえる」と思いがちですが、実は逆効果です。休日の寝だめは、健康に悪影響を及ぼします "休日に寝だめをして疲れを取る方が多くいるかもしれません。 思いっき休日に寝だめをすると、翌日「スッキリした状態で学校や仕事に向かえる」と思いがちですが、実は逆効果です。
休日に寝だめをしてしまうと、生活リズムが狂ってしまいます。 仕事の出勤日は6時に起きても、寝だめをした休日は13時に起きてしまうと、いざ仕事の出勤日になると、6時に起きることができません。
この問題は、仕事の出勤日と休日の起きる時間に、差があり過ぎるため起きてしまいます。 身体が「6時に起きなければならない」と覚えているのに、休日の寝だめが邪魔をした結果、何時に起きればよいのかわからなくなってしまいます。睡眠不足を週末の寝だめで補おうとしても、平日の睡眠不足が続くと、体内で血糖値をコントロールできない状態が改善されず、健康に悪影響を及ぼすことが指摘されています。
成人は最低でも7時間、子供はそれ以上の睡眠時間が必要とされています。健康に悪影響を及ぼさないための最善の方法は寝だめをしないことですが、休日はゆっくり過ごしたいものです。 そうは言っても、健康な毎日を送るために、生活リズムを崩さないように心がけましょう。

中古ドメイン